秩父市のAODインプラント CT相談室 落合歯科医院

入れ歯

  • しゃべりにくい
  • 何を食べてもおいしくない
  • 気持ち悪い
  • 手入れがわずらわしい
  • 臭う
  • 痛い

入れ歯ってこういうものでしょ 
今までの入れ歯に諦めていませんか? 

確かに、どんなに上手に入れた入れ歯でも、歯があったときと比べると噛む能力の回復は2割くらいといわれています。

じゃあどうすればいいの?

入れ歯以外で歯を作る方法としては、インプラントがありますが、

  • 費用が高い
  • 体の病気がありインプラント手術を受けられない
  • 骨が薄くてインプラントを入れられない

等の理由で選択できない場合があります。

そんな時はやっぱり入れ歯が必要です。

入れ歯は進化しています。

入れ歯の素材について

金属の入れ歯

入れ歯の大部分に金属を使用することによって入れ歯が丈夫になります。

これにより、保険でできるプラスチックの入れ歯と違って、薄くしたり、お口の中を覆う範囲を小さくしたりすることができます。ただでさえ口の中に大きな異物が入ってしまう入れ歯です。金属を使用してなるべく違和感の少ない入れ歯にしたほうが使いやすいのです。

お口の中を覆う範囲が少なく、薄い入れ歯は装着感に優れ、しゃべりやすく、食べやすいものとなります。また、部分入れ歯では歯に添わせる部分を金属で精密に作ることにより、しっかりとした噛みやすい入れ歯ができます。

入れ歯の大部分に金属を使用して作ることにより、金属の特性である熱を伝えやすい入れ歯ができます。これは温かい食べ物を温かく、冷たい食べ物を冷たく、食べられるということにつながります。

現在当医院で使用している入れ歯の材質

コバルトクロム合金入れ歯

コバルトクロムの特徴としては、磨耗しにくい・高温に耐える・腐食されにくいという長所があります。コバルトクロム合金は、金属床義歯(入れ歯の主要な部分を金属で作った入れ歯。口内の粘膜に接する部分。)として多く使用されています。

コバルトクロム合金を使用した入れ歯は、長い間使用されている安心して使われている金属入れ歯です。

チタン入れ歯

チタンの特徴は何といっても軽いということです。コバルトクロム入れ歯と比べるとチタン入れ歯は、約半分の軽さになります。軽いということは、お口に入れた時に楽に入れてられるということです。またチタンは生体親和性がよいのも特徴です。生体親和性がよいというのは、生体組織、生体細胞との馴染みが良く、生体がその材料を異物として認識しない材料のことです。チタンはその生体親和性のよさから、インプラントの材料として使用されています。お口の中は熱いものや冷たいもの、塩分のあるしょっぱいものや、酸性のつよいすっぱいものまでいろいろなものが毎日入ってくるところです。しかも常に湿度100パーセントの過酷な環境なのです。通常の鉄でしたらすぐにさびてしまいます。

その過酷な条件下で安定してさらに軽くて丈夫で、生体親和性の良いチタン入れ歯は、とても優れた入れ歯なのです。