秩父市のAODインプラント CT相談室 落合歯科医院

歯ぎしり・食いしばり・ブラキシズム

歯ぎしり・食いしばりをすることにより、歯を失うことがあるということをご存知ですか?

歯には食べる、発音するという役割の他にも歯ぎしりをすることにより精神的なストレスを発散しているといわれています。
しかし過度の歯ぎしりや食いしばりは、歯自体をすり減らしたり、割れてしまったり、歯ぐきや歯を支える骨に影響することにより、歯を失う原因にもなりかねないのです。

歯ぎしりは睡眠中に行っているので自覚することが少なく、一緒に生活している人などに指摘されて、初めて気が付く方がほとんどです。
咬みしめは、日中 夜間に関わらず、無意識のうちに歯を食いしばってしまうことです。
これらを総称して ブラキシズム といいます。

ブラキシズムによる歯の変化

歯がすり減る

歯ぎしりなどで歯同士が激しくすり合わさることにより起こります。人間の身体のなかでもっとも硬いとされるエナメル質がすり減り、その中の柔らかい象牙質が露出しさらに進むと神経が露出してしまうこともあります。

歯がしみる(知覚過敏)

ブラキシズムのために、むし歯でもない歯がしみることがあります。

歯が割れる

歯髄(歯の神経)が残っている歯でも割れることがありますが、しんけいを失った歯の場合、強度が落ちているため、さらに割れる確率が高くなります。 割れた場合は残念なが抜歯をしなければならないことが多くなります。

かぶせたものや詰め物が外れる

力の掛かり具合でかぶせたものや、詰めたものが度々外れてしまうことがあります。

歯肉やあごの骨(歯周組織)の変化

歯周病の悪化を増進する

歯周病にかかっている歯に、ブラキシズムによる大きな力がかかると、 急激に歯周病が悪化し、歯肉が腫れたり、骨の吸収が速まったりします。

そのほかの器官への影響

  • 顎関節症(あごの障害)
  • 口の周りの筋肉の痛み
  • あごのずれ
  • 顔面の変形
  • 頭痛・肩こりなど
  • 口の中にできる骨の隆起

ブラキシズムがなぜ起きるのかはまだ十分に解明されていませんが、口のン家の原因としてはかみ合わせの異常 全身的な原因としては日常生活でのストレスといわれています。

一時的なブラキシズム 生活環境の変化(仕事関係 受験勉強、介護などでストレスを感じてい場合)により折る場合があります。 ブラキシズムはとても気づきにくいものです。ブラキシズムがあるという判定も難しいものです。

ブラキシズム 歯ぎしり 咬みしめ チェックポイント

歯ぎしりをしていると家族から指摘されたことがある
集中している時になど無意識に咬みしめていることがある
歯科医院ではぎしりや咬みしめをしていませんかと聞かれたことがある
歯が割れた事がある
頬の内側や舌に歯の跡がついている
歯がすり減っている
肩こりがひどい
頭痛がすることが多い
詰めたものが度々外れる
県史やその前後の歯が異常にすり減っている
朝起きた時に口の周囲にこわばりがある
歯ぐきが固く隆起しているところがある
歯の付け根がくぼんでいる(くさび状に)
歯がしみることがある
あごの関節に痛みがある、カクカク音がする
えらがはっている
ストレスがたまりやすい

上記項目のうち3つ以上あてはまる方は、ブラキシズムの可能性が高いといえるでしょう

ブラキシズムを発見することがなぜ大切なのか

それは、歯ぎしりや 咬みしめによる強大な力が、歯をぐらぐらにしたり、歯を割ってしまったりする原因となるからです。 歯が割れてしまってからでは、手の打ちようがありません。そうなる前に、力がかかる部分に対してかみ合わせの調整したり、ナイトガードと呼ばれる マウスピースを就寝時に装着して、歯を守ります。 またお口の中に咬みにくい場所がある場合は、適切な治療をすることも有効です。

最新 歯ぎしり 咬みしめ ブラキシズム 治療

ボツリヌストキシン製剤という薬をご存知ですか? ボツリヌストキシンはもともと土の中に存在するボツリヌス菌が持つ毒素の事です。この毒素には弛緩性麻痺の作用があります。 この毒素を無害化して医療に応用できるようにしたものです。 ボトックスという商品名の方が有名かもしれません。これはアメリカのアラガン社が製造しているものです。 当医院では、ニューロノックス 韓国Medy-Tox社が製造 を使用しています。

元は米国の医師が斜視の治療に応用したのが始まりです。 現在では、斜視 眼瞼痙攣のみならず、眉間やおでこのしわとり、最近では小顔注射(えらを小さくする)などとして広く応用されています。

ボツリヌストキシン製剤を咬筋という咬むときに使う筋肉に注射すると、弛緩性麻痺の作用により、その筋肉の動きを抑制し、歯ぎしりや食いしばりを軽減できるのです。 歯ぎしりや、咬みしめ、食いしばりによる、強大な力のコントロールに応用することにより、歯がすり減ったり、割れたりするのを防いだり、顎の関節に対する負担を少なくしたり、頭痛や肩こりの防止に役立てることが出来るようになりました。

ボツリヌストキシン製剤注射で歯ぎしり軽減をすることにより期待できるもの(個人差があります)

  • 歯のすり減りが少なくなる
  • 歯が割れるのを防ぐ
  • 顎の関節に対する負担を軽減する
  • 頭痛や肩こりが軽減する
  • ナイトガードのような就寝時に使用するマウスピースを使用の必要がなくなる

ボツリヌストキシン製剤注入後3~4日後から効果があらわれます。その効果はおよそ6か月ほどです。 初回の施術後は約3か月で効果が薄れてくるといわれています。  何回かの施術を繰り返すうちに、ボツリヌストキシン製剤を注射しなくても、歯ぎしりや食いしばりの 力が弱くなってくるようです。

ボツリヌス治療

ボツリヌストキシンインタビュー

川村:なぜ今回ボツリヌストキシンをやろうと思いましたか?

武藤:夜寝ている間に歯ぎしりや食いしばりによって、歯や顎が痛くなって起きることがありました。マウスピースを装着していましたが子供の寝かしつけをしているとマウスピースをつけ忘れて寝てしまうことがあり、煩わしさもあった為、院長の体験談を聞いて是非ボツリヌスをやってみたいと思いました。

川村:なるほど、ありがとうございます。では、実際にボツリヌストキシンをたってみていかがでしたか?

武藤:左右の頬を冷やしてから注射をしたので、痛みはあまり気になりませんでした。一週間もしないうちに顎が楽になりました。一か月くらいすると顎がホッソリしてきたような気がして、周りの家族ですとか友人にも『やせた?』という風に言われるようになりました。

川村:それは凄い効果がでましたね!!

武藤:はい、それから夜中に歯ぎしりや食いしばりで痛くて目が覚める事はなくなりました。

川村:では、最後にボツリヌストキシンをお考えの方に一言お願いします。

武藤:私のお口の中には被せ物があり、歯ぎしりや食いしばりによって歯や根っこが割れるのではないかという不安があり、常にストレスを感じていました。 ボツリヌストキシンを注射することによって、歯ぎしりや食 いしばりが緩和されストレスがなくなり、生活の質が上がったと思います。

川村:それはすばらしいですね

武藤:ぜひ、悩んでいる方にはボツリヌストキシンをお勧めしたいと思います。

ボツリヌストキシン製剤療法の費用

1回(左右両側) 50,000円(税別)